ベビー用品10%OFF│Amazon Baby

絵本『きんぎょが にげた』を1歳半の息子と読んでみた│読み聞かせではなく一緒に探して楽しむ本!

育児に奔走中のみなさん、こんにちは。

私たちは現在1歳半になる息子がいる夫婦です。

読み聞かせはしてあげたいと思うのに

絵本選びがとても難しい!

そんな悩みを少しでも解決すべく

私たち夫婦が読んだ本の感想を残していきます。

本記事では絵本「きんぎょがにげた」の

あらすじ・対象年齢について紹介し

対象年齢外の1歳半の息子と読んだ感想を

詳しく綴っていきたいと思います。

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn.png
リヒト

今日は『きんぎょがにげた』を読んできたよ

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn2.png
ママ

私たちが小さい頃からある『名作絵本』だよね

本記事を読んでわかること

『きんぎょがにげた』ってどんな絵本なの?

対象年齢外の1歳半の子どもと読むとどうなった?

対象年齢外の0歳児でも楽しめそうなの?

『きんぎょがにげた』ってどんな絵本?対象年齢は?

  • 作者:五味 太郎
  • 出版社:福音館書店
  • 初版出版年: 1982年08月31日
  • 対象年齢:2歳から
  • ページ数:24ページ

作者の五味太郎さんはとても有名な絵本作家さんです。

40年近く前に出版された本が

いまだに多くの子どもに親しまれているって

本当にすごいことですよね!

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn.png
リヒト

1歳半は対象年齢外だけど楽しめるかな?

あらすじは?『逃げた金魚を一緒に探す』絵本!

created by Rinker
子どもの文化普及協会
¥990 (2021/04/22 11:54:18時点 Amazon調べ-詳細)

きんぎょが1ぴき、金魚鉢からにげだした。どこににげた? カーテンの赤い水玉模様の中にかくれてる。おや、またにげた。こんどは鉢植えで赤い花のふり。おやおや、またにげた。キャンディのびん、盛りつけたイチゴの実の間、おもちゃのロケットの隣……。ページをめくるたびに、にげたきんぎょがどこかにかくれています。子どもたちが大好きな絵探しの絵本。小さな子も指をさしながらきんぎょを探して楽しめます。福音館書店- きんぎょがにげた

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn.png
リヒト

ストーリーを楽しむ本ではなくて『きんぎょをみつけて楽しむ本』です!

絵本の特徴は?色鮮やかで素敵なイラスト!

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn.png
リヒト

配色がカラフルで素敵!

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn2.png
ママ

私は昔から可愛いイラストだな~と思ってたよ。

時代を感じられる名作絵本?!黒電話やブラウン管テレビも!

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn2.png
ママ

私たちが子どもの20年以上前からある本だもんね

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn.png
リヒト

黒電話とかブラウン管テレビはこの本で教えよう(笑)

『きんぎょがにげた』は1歳半でも楽しめた!

とある児童館においてあったので

思わずパシャっとしてしまいました。

セロハンテープで補強していますね。

どうしてもボロボロになっちゃうんですよね。

1歳半の息子も例外ではなく…(笑)

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn.png
リヒト

結論をサラっと伝えると『対象年齢外の1歳半』でも十分楽しめました。

『読み聞かせ』をしたときの子どもの反応は?

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn.png
リヒト

『きんぎょさんどーこだ?』

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn3.png
むすこ

ここ!!(指をさしながら)

1歳半になってから物分かりがよくなったからか

きんぎょさんどこだ?と聞くと

ここ!と指を差しながら見つけてくれました。

どのページも1秒以内に見つけ出しちゃうので

賢いなーなんて思うのは親バカですね(笑)

『読み聞かせ』というほどのフレーズもないので

きんぎょさんを一緒に探すような使い方です。

お気に入り?何度も『読んで』と持ってくる!

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn3.png
むすこ

んっ!(絵本を渡しながら)

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn.png
リヒト

『きんぎょがにげた』読んでほしいのね

こんなやりとりを何度もしていました(笑)

気に入った絵本にたいしては

何度も何度も持ってきて

『読んで』というプレッシャーをかけてきます。

にげた金魚を一緒に探すのが楽しいんでしょうね。

0歳児には早いかもしれないがアリだと思う!

『きんぎょがにげた』は0歳児だと早いのか?

個人的には0歳児でもアリだと思いました。

息子の実体験を思い出してみると

10か月頃から『1歳児絵本』で

似たようなことをしていたからです。

『ワンワンどーこだ?』と聞くと

ワンワン!と言いながら指差して

教えてくれていました。

「きんぎょがにげた」も十分楽しめるはず!

1歳半だからこそ?絵本をビリビリに破いてしまう

http://papabrno.com/wp-content/uploads/2018/08/aikonn3.png
むすこ

ふんっ!(絵本をビリビリにする)

『きんぎょがにげた』だからというわけではないですが

勢いよくページをめくるので

ビリビリと破れてしまいます。

親が常に読み聞かせていればいいんですが

1歳半になると『自分で』読みたがります。

多少破れてしまうのは仕方ない!

ということで諦めていますね(笑)

created by Rinker
子どもの文化普及協会
¥990 (2021/04/22 11:54:18時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください